ミヤのブログ

醤油飲みません

脳裏上のクラッカー

「にゃーん」

「どうした?猫風情。エサが欲しいか?猫は本来狩りをする生き物。狩ってみろよ、俺を。」

「ふん。野生を忘れたのはどっちなんだろうね、人間さんよ。後悔するがいい。」



「よーしよしよしよし♡あ〜〜〜〜ちゅーるもあげちゃうにゃ〜♡」

「にゃーーーーーーん♡♡♡♡♡♡」



こんな感じ。


今日は休みだったけど社蓄なので会社行くか〜とか思いつつ、17時に起きた。

時計見て「やばw」って言って猫に餌をあげて一日が終了しようとしている。


暇だしブログ書こうかなと思ったけど書くことなくないすか。

みんなブログになに書いてるの?



あ、最近気になったアーティストの話でもするかな。ブログっぽいね


ユーチューブの広告かなんかで見かけて、お?って思った"ずっと真夜中でいいのに。"


ミヤさんのメンヘラアーティストセンサーがビビっときましたね。まあどうせ量産型だろうと思って色々聞いてみたけど、普通に良くて「ふーーーん。まあ聞けるかな。」って大御所ぶってます。


どうやらただのメンヘラじゃないんだよな。大メンヘラ。賢者の上の大賢者みたいな。

歌詞がポエムじゃなくてこじらせ文学ポエムだからいい感じにまとまってて、友達になれそう。


あとこれは完全に持論なんだけど、「"か行にフォルテが入る"歌い方をする女性ボーカルは良い」っていうのに当てはまってるんだよね。聞き取りやすい。


ほかに"か行にフォルテが入る"アーティストは特に思いつかんかったけども

いきものがかりとか?多分


ああでも、専門学生の卒業制作みたいなMVはあんまりだな。多いよねこういうの。

ザ・独特の世界観ってやつ?マイノリティであることがマジョリティになっちゃってるやつね。

嫌いじゃないけども。



さて。ここまでめっちゃ早口で書きました。

大体こういうレビュー的なのはいやお前何目線だよってなるけどこれは俺目線なので。(イケボ)


前から知ってた人は「いや前から知ってたけどw」って思って

これから聴いてみる人は「聴いてみるか」って思ってくれたらいいと思います。



うわ、なんだかブログっぽい

びっくりしたわ


年内にまた更新できたらいいな。ぜひ頑張ってほしい(他人事)



良いお年を






はいどーも!

にゃんはろー☆

ミヤですよ!え?なにこれ、ブログ?って言うの?

ふーん、俺が一瞬でボコボコにしてやりますよ


最近はHUNTER×HUNTERの続き書いたり色々と忙しかったのでなかなか更新できなかったネ


さて。

バーチャルユーチューバーになりたい(ド ン ! )

もう仕事とかクソやもん。最近はストレスで白髪が増え続けてトーキョーグールのカネキ君みたいになってるもんね。


ユーチューバーになって歯車生活からオサラバしたいわけですよ

俺は歯車じゃなくてエンジンだ!俺が世界を回すんだ!ブンブン!


というわけでやっぱ最近流行りのバーチャルユーチューバーってやつをやってみたいのです


だってバーチャルって最強じゃん?

バーチャル美少女を表に出して声だけ演じればいいわけだし、もちろんバーチャル美少女で見栄えもいいから見る方も楽しいよね。


浄瑠璃やん!!

人形浄瑠璃ですかこのヤロー。


もうこれは伝統芸能と言っても過言ではないですよね。



バーチャルな世界ならなんだってできそう。

やってみたかった事をやってみよう


てーん

バーチャル一級建築士

世の中で一級建築士が一番強いと思っているミヤさんはバーチャル世界で一級建築士になってみようと思います〜


バーチャルなので図面とかすぐ書けちゃうもんね。しかも3Dでできちゃう!



CADやん!!

むしろ歯車やん!!


難しいですね。次はこちらをやってみましょう。


ててーん

バーチャルパン屋さん〜


パン屋さんになるのが密かに夢だったのでパン屋になってみましょう

どんなパンでもバーチャルだからすぐ作れちゃうよ〜



食えへんやん!!

匂いもせん


もしやバーチャルって虚無なのでは?


現実も虚無だしまだバーチャルの方が夢があるかもね。

虚無の新時代がここにある。




うわ、なんかまとまった風な事を言ってるしょうもな記者みたいになったな。


狂言やん!!



この記事は明朝体で書いたから明朝体で読んでくれよな






ゼロイチキセキ

ハロハロ☆ミヤだよ

突然だけど推理小説を書いてみたい(ド ン !)
そして江戸川乱歩賞取って1000万貰いたい

江戸川乱歩って名前カッコイイよね。
江戸川を乱れ歩くって。酔っ払いかな?
俺のめちゃカワちんぽも乱れたがってなんでもない

推理小説ってどんな頭してたら書けるんだろう
めちゃくちゃ頭良くないと書けないよね
もうね、無理だもん。そんなん書けへんもん。
書けるなら言うといてや

ある絵描きが賞を取りまくって有名になるんだけど
それは全て弟が過去に書いたもので弟は何かしらの事故で意識不明で入院中で、新作が出せなくなった兄が弟の蘇生を試み異世界へと旅立ちスマートフォンを使って無双する。そんな壮大なラノベを考えてみました


ボツです。
嘘、序盤の方は割りとガチで考えてみたけど今ネタバレしたので二度と書きません。


さて。
今日はきったねぇラーメンを食べて南條愛乃さんのベストアルバムを買いに行きました。

発売してだいぶ経ってるけど、ようやく買いました。
アルバムを買った時に特典が貰えたんだけど、それとは他に同時購入に限り特製ブックカバーが買えるとのこと。買えるってなんだよ。
いやそれも特典にしろよ。
1500円ってバカかと。ふざけるなよと。

1500円払えばタダでブックカバー貰えるとか神じゃん。南條愛乃さんは最高です。


ゼロからイチを生み出す、まさにゼロイチキセキなんだよな(何もかかっていない)


それでは最後に一句

ナンジョルノ
パンツの色は
なんじゃろな


〜おわり〜

ブログを書く

「今日はブログを書くぞ!」

その日、ミヤは意気込んでいた。
ブログを書こうと思ってからどれくらい経っただろう。
特に書くことが思いつかなかったり、思いついても忘れたり、書きながらめんどくさくなったり。

しかし、今日のミヤは違っていた。
今日はブログを書くのだ。

仕事中も、その帰り道も、ご飯を食べてる間も。
ブログの内容を考えていた。
「といっても、書きながら適当に思いついた事を書いてるんだよなあ」
ミヤは逆に考えない方がいいのではないかと思ってきたので、適当に書き出してみる。


適当に書き出すとブルーアイズホワイトドラゴンの事しか出てこないミヤ馬瀬人は、途方に暮れていた。

「今日はブログを書くんだ」

フォロワーからもブログ更新してとちょくちょく言われる。ブログ面白いと言ってもらえる事もある。
もうブログ書くだけで月30万は欲しい。20万でもいい。やっぱ5万でもいいや。5万欲しい。


よし、書くぞ
「今日はブログを書くぞ!」

その日、ミヤは意気込んでいた。

スコーンの密度

ご機嫌よう☆
わたくしは今、仕事をサボってカフェでブログを書いていますの。

実はブログ始めてもう3年くらい経ってたんだけど
累計で2500PVもいってました
3年やってヒカキンの2秒くらいじゃん

とはいえ更新頻度が少なすぎわろた状態なので
ぼちぼち短編の小説とか書いてみたいなあとか
思ったり思わなかったり

あ、もう書くことがねえ


こないだ会社で休憩時間にイヤホンつけてダラダラしてたんだけど
先輩に「何聞いてるの?」と聞かれました

俺は「うわ出た!仮に先輩が知ってるアーティストとかで話広がるかもしれないけど絶対知ってるわけないしもしゴリゴリのアニソンとか聞いてたらどうすんだクソバカがよ消えろ」って思って

加山雄三って答えました

クソバカがよ

ちなみにその時はfripSideを聞いてたのでワンチャンあったかもしれませんね

カフェラテを飲み干してしまった。
ここのスコーンは密度が低くほぼパンみたいになってて、会社の人とのコミュニケーションみたいだなって思いました。嘘です。


では最後に一句。



うん、思いつかなかった。

騎士団長殺したンゴw

村上春樹は文学じゃない」

僕がそう言うと、村上春樹好きの友人は耳を真っ赤にして反論してきた。
ああだこうだ理屈をこねくり回し、説得しようとしてくる様子は"ハルキスト"そのものだ。

村上春樹好きはろくな人間がいない。
コーヒーフレッシュの事は"ポーション"と言うし、すごーい!の事を"モルダウ河みたい!"と言う。

友人の言葉の節々には「それに───」と罫線が入っている様に思えてくる。あと5分もすれば「やれやれ」と言うに違いない。絶対に言う。


そもそも、僕は村上春樹が嫌いな訳ではない。
まあ特別好きという訳でもないし、まともに読んだこともない。ただ一言、否定的な事を言うだけでまくし立ててくる友人を面白おかしく眺めながら、コーヒーを飲む事が好きなのである。


10分ほど熱弁し「やれやれ」というセリフも聞けた所で僕は口を開く。


「あれは言葉のリズムから来る一種の音楽だ」


そう言うと、友人は妙に納得した顔で「ああ」とだけ言った。
僕は「え?マジ?wやばない?w」つった。

「コーヒーは俺のおごりだ」
彼はお金を置くと、満足げな顔で喫茶店を後にした。




やれやれ、一つだけ嘘をつきました。
そう───僕に村上春樹好きの友人などいない。

ゴールデンウィークだね

やほやほ☆久しぶりの更新ですね
もうブログの書き方忘れてしまった

最近はツイッターもブログも放置してインターネットとは無縁の生活を送ってたけど
あれだな、まあ特に困らないね

とはいえみんなに会えて嬉しいぜ
テンション上がってきたしちんちん出そうかな
もうちんちん出すしかないなこれ
やっぱ辞めとくわ


最近
何故か家のシャワーの水圧が凄いんだけど
何があったんだろうね

水圧が凄くなる特殊能力とかに目覚めたのかな
旅行先とかですごい役に立ちそう

シャンプーのポンプを押した時のシャン圧(?)も凄くて
もう押した瞬間直で頭にいったもんねいやマジで
便利〜



もう書くことなくなったな

あ、こないだユニクロでジャンプコラボのブルーアイズホワイトドラゴンTシャツを買いました。
半年ぶりの更新でまたブルーアイズかよ!って感じだけど
ブルーアイズは強靭、無敵、かつ最強なので許してストリーム

暇だから書いたけどまとまりないわこれ
もうやっぱりちんちんを出します
ちんちんを出すしかない

まあブルーアイズホワイトドラゴンみたいなところあるしね
上手くまとまったなこれ


やっぱ辞めとくわ